シェイパーが自分のボードを解説します!

P1060403

 

ボードが出来た!1年振りの自分のニューボード!

シェイパーが自分のボードに何を求めてどう作っているのか。今日は書き記してみようと思います。

 

18年この仕事をしてもう何本のボードに乗ったのか分からなくなってるけれど、それでも新しいボードってとても嬉しい。

「自分で作れるんだから、好きに作って乗ればいいじゃん?」

そんなこと言われることあるし、そう思う人も多いだろうけど実際はなかなか自分のボードって取り掛かれない毎日。今回は予定があいて来月にトリップも行きたいなと考えていたのでこのタイミングで作ろう!って突然作り始めた。

 

今回のボードに求めていたのは意外にシンプルで

  1. 今の自分にあった浮力
  2. 新素材のカラーボトムを使ってみたい
  3. 今までにないデザイン

ざっとそんな感じ。

この3項目を説明する前に、なぜ【今】新しいボードを作ったのか?から説明してみますね!

 

【ボードを作るタイミング】

なんだかんだ毎年ボードを作るとなるとこの秋のタイミングが多いのですが、それはロックウェイブがボンド接着でボードを作った時のボード特性に関係があります。
僕の作るボードは完成時が一番しなり(フレックス)が柔らかくて、徐々に接着剤の乾燥や使用素材の硬化によってボードのしなり具合が固くなってきます。だからこの秋のタイミングで作ると1年目の冬を快適なフレックスで乗り切ることが出来るんです。

もう1段階掘り下げると、僕が大好きで毎年楽しみにしている福井県のノースショアにベストなボードを持って行きたい。これが僕がこの時期にニューボードを作る最大の理由です。
実際そのビーチに入るときは気温は低いけど水温は湘南とさほど変わらない。波質はとてもパワフルでチューブを狙い続けるサーフスタイルになります。この写真は2年前に当てた時のもの。この波にコンセプトを合わせているわけですね。

1*NjIIabwjiOWRKFrZ6mS25g

 

ではここからは先に上げた3項目について。

 

【1.浮力を合わせる】

今使っている(昨年秋に製作)ボードは厚みが56ミリ。その前は58ミリに乗っていたけど、昨年に体重を10キロちょっと落としてから、手探りで56ミリにしたのが昨年のボードでした。そしてこの1年どういう波乗りをしたかというと、モモコシサイズってあまりやっていなくて、小さくてもムネカタサイズ〜大きいと頭半くらいまで。

今回のボードは55ミリ。昨年作ったボードよりも浮力を抑えたのは、実際に使って感じるオーバーフロートを解決させるためです。ボードの浮力そのものもあるけど、僕のボードはノーズにシングルコンケイブを採用しているので、走り始めてからの揚力がとても強いんです。だからもっと薄く出来るな〜って感じて55ミリにしてみました。

写真はノーズのシングルコンケイブ。浮力が抑えられてるのでテイクオフ時ノーズを押さえやすく、ノーズ付近で起こる水の逆流を抑えてくれるのでスムースなテイクオフが出来ます。走り始めてからは先の説明の通り、コンケイブで受けた水流から揚力が生まれて厚みがないのにとても良く走ります。

実際のコンケイブは肘上付近の位置からノーズまで徐々にふわっと入っています。

P1060430

 

それ意外のアウトラインは基本ずっと同様で、長さも変えていません。でも今回はレールの角度を少し立てたので結果としてボードの最大幅は8ミリほど細くなりました。この変更はなんとなくです(笑)

 

【2.新しいカラーボトムを使ってみたい!】

この夏に入荷したカラーボトム(サーリンボトム)。まだ数本しか作っていなくて皆さんにお披露目程度なのでここで自分でも試そうと思いました。蛍光ライム、蛍光イエロー、蛍光ピンクと3種類用意したのですが、今回使ったのは蛍光イエローです。

でもサーリンボトムに対してはそんなに不安はなかったです。それは僕昔からなんども使ってきてるんですよね。18年前に初めて自分で最初から最後まで作った自分のボードもサーリンボトムでした。でも素材も進化して、表面は変わらなくてもその裏に組み合わされた熱溶着用の素材などは昔と違うので、今の素材のフレックスは気になるところ。
この素材を手に入れて最初の1本はボードが出来たところで思い切り曲げて壊してみてフレックスの限界値はイメージ出来ていました。そこで今回は太い方(ロックウェイブでは2種類の太さのストリンガーを使っています)のストリンガーを2本両サイドに入れました。長さはテールから肘上まで結構しっかりと。これは腹ばいよりもドロップニーに意識して決めています。

あ、あとフォームの中心に線があるのはストリンガーとかじゃなくて、僕のボードはフォームの端切れをつなぎあわせて作っているからです(笑)節約節約!

写真 2015-09-06 11 14 55

 

 

【3.今までにないデザイン】

お客様には大変好評のデッキグリップなのですが、僕はドロップニーの時に前足がグラグラするのを嫌って採用していません。ずっとシンプルなフラットデッキばかり。でも最近またプローンの面白さを感じてて、ちょっと小細工してみました。それがこのコンツァード(溝)デザイン。

 

写真 2015-09-06 10 48 59

 

イメージは

プローンでのボトムターンの時にドライブさせるためノーズに指4本を掛ける。ドルフィンの時やドロップニーのリップでのグラブでのグリップ。

そんなところを意識してデザインを決めました。この程度の溝であれば前足がグラつくこともないと思います。肘をよけても良かったかな〜とは思いますが、多分問題ないかな。

 

そして今までにない組み合わせですが、ストリンガーを今までは細い方を2本だったのを太いのに変更して、ボトム素材を白い硬い通常品からソフトなサーリンボトムに変更。これは両方合わせて、今気に入っているフレックスに近づけるためのものです。全体を見た時に求めているイメージはもうはっきりしているので、違う素材を使ったり厚みが変わったりしながらも、求めているフィーリングを感じられるように組み合わせを変えた結果となります。

 

まぁこれ以上細かく説明してもよくわからないと思うのでここまでにしますが、要約すればボードを作る時って【新しく出会う波にどう挑戦するか】であったり、【今以上に快適に楽しむために何が必要か】なんてことを考えて、それを作り手である僕にぶつけてもらうのが一番だって思います。

僕も自分自身の中でその自問自答を繰り返して今回のボードが完成しているんです。

ワクワクしますよ!そしてそのワクワクをリアルな変化に繋げるお手伝いがボードシェイプという職業なんです。

 

 

他にも写真撮ったので、以下フォトギャラリー的に御覧ください。

 

 

P1060444

今回のボトムにはビックダブルコンケイブを採用

 

P1060443

アウトラインを正面から見るとこんな感じ。

 


P1060413

自分のボードでもしっかり丁寧に仕上げています。レールのエッジとか見ると分かっていただけるかな。

 

P1060410

 

今回テールは巻き込みました。ドロップニーの後ろ足(フィンが擦れたり)で壊れにくいっていうのがメリット。

 

 

ロックウェイブではみなさんが笑顔で変わっていけるボードを作っています。

「ボードの事わからないし。。」とか「まだ下手くそだから。。」っていうのは関係ないんです。

今の自分なりの目標に自分なりに挑戦する方法を一緒に考え、ボードをお渡ししてからも共に取り組む。そんなブランドを常に目指しています。

どうぞお気軽にご相談くださいね!

問い合わせフォームは about us ページにございます。

 

Comments : 0

オンラインカタログ2015

スクリーンショット 2015-05-03 15.52.06

皆様GWいかがお過ごしでしょうか?

今日は遅れに遅れているカタログの発送準備に追われています。
オプションが多くても少しでも分かりやすく、このウェブサイトとの整合性も。。。ってあれこれやってるといつまで経っても完成しないというジレンマでしたがようやく完成です。

明日には全国のディーラー様へ向けて発送致しますので、ショップのご担当者様どうぞ宜しくお願い致します。

このウェブサイトもカタログページは用意してありますが、やっぱり見やすさというのはとても大切。あと「らしさ」!
そして先日リリースされたRisingMagazineや、ターボジャパンさんのカタログ、フリップブックになっていましたね。
そうです。以前BBFUNでボードカタログしたときに使ったサービス「issuu」です。これ本当にいいですよね。

issuuはその当時iPhoneで使えなかったのですが、2013年に使えるようにβ版が出ました。
そのときすぐにフリップブックカタログ出そうと、、、、、、思い思った願いが通じた本日5月3日(笑)

本年度版カタログon issuu アップしました。
内容は各ディーラー様へお送りするファイルと同じ内容です。でも今スマホで見られたりするのでこれはこれで便利ですよね。
是非ご活用下さいね。クリックすると拡大表示されます。

オーダーフェアは引き続き開催中です。5月17日(日)24時までのオーダーが対象となりますのでお早めにどうぞ!

Comments : 0

ライダーが生み出すボードの進化

写真 2015-02-28 18 15 09

ライダーというのは「ブランドの広告塔」という印象もあるが、メーカーにとって一番の役割は商品を進化させる協力者であることだと思う。

 

昨年から一つ気になっていたことが形になった。そして今回もまたそのきっかけはライダーからだった。

遅くなったが先週末ロックウェイブプロチームの池田雄一プロが誕生日を迎えた。ちょうどその少し前に彼から依頼をもらっていた「大波チューブセッティング」のボードを届けた。実はそこに一つの「Try」を盛り込んでいた。今このブログを書いている時点で、彼はまだそれを知らない(笑)

【スピードが速く、ターンでも扱いやすい。】言葉にするととても短いのだが、そんな短い言葉の意味を変える努力をもう18年続けてきた。10年前よりもロックウェイブのボードは大きな進化をしてきているし、今回の発見も小さなものではない可能性を秘めている。

 

フレックス。しなり。

 

僕が何よりも大切にしてきたもの。そして決して終わることのないテーマ。

i-FlexCore(ノーズとテールのフレックスが違う2つのコアを組み合わせたオプション)を作り始めた当時から、今も形状はさほど変わっていないが、実際のオーダーに対してどのレベルにセットアップしてアウトプットするかの精度は蓄積された情報量により大きく変わった。南北に長い日本に水温に対する考慮はとても大切で、東北や日本海エリアの冬のサーフを楽しいものにするにも、今現在このオプションはとても大きな役割を担っている。

 

そして宮崎。メンズプロの実力者、池田雄一プロ。

 

何もi-FlexCoreは「フォームを組み合わせたオプション」という意味だけではない。僕の中ではむしろi-FlexCoreはスピードとターンという相反する要素を両立するための「概念」であり、水温や環境に合わせて自由に対応するものだと考えている。オプションという敷居は料金を決定するのに必要なもので、無償提供しているライダーに関してはその制約もない。
ここまで書いてなんなのだが、最近雄一のボードはあまり変わっていないので、オーダーも減ってきていた。いわゆる「低迷期」という一番良くない状況だなぁと感じつつも、彼ももう42歳だし大会にも出場が減ってきたし、もうすぐ子供も生まれてくるとなれば「これが現実なのかな」なんて自分の中では納得させてきたのかも。

でも今回のオーダーは違った。違うのは僕の心の中の問題。
オーダーシートを前にしてじっくり考えてみた。
ここまでの彼の波乗り。宮崎の波。彼の喜ぶ顔。興奮した表情。

やっぱりそういう時にアイデアって湧くもので、思うがままに作業してボードが完成した。

ごめん雄一。あれ普通のi-FlexCoreじゃないんだ(笑)

フォームは1枚ものだし、ストリンガー勝手に入れてある。しかも2本も。

 

ボードを初乗りした際、彼から写真付きで感想が届いた。

 

「昨日、チューブ巻き巻きの○○で初下ろししました〜

少し難しいチューブの波質だったので、凄い良いテストが出来た気がします。 はっきり言って、最高に調子良かったです。

前のボードと比べると、チューブの中でのホールド感(テールが踊らない)や 、コントロール性が上がった感じです。 多分、ホールド感は、ビックダブルコンケープとアーチテールのお陰。 コントロール性はアイフレックスコアのお陰ですかね〜

チューブでのホールド感はU1コンケープより、ビックダブルコンケープの方が良い様な気がします。 いつも言ってた様に、ターンの伸びや、スープからのスピードUPは、U1コンケープで、波にピタッとくっ付いて走るのはビックダブルって感じですかね〜

デッキ面の手のホールド感もバッチリでした。 ノーズのグリップは特に良かったです。 そのお陰か解りませんが、 チューブの中で、最後がクローズセクションだったので、チューブの中で判断してコントロールしてボトムに逃げたり出来ましたよ。」

S__24354821

 

この違いをすぐにレポートできる。流石だって思った。ホールド感。しかも【テールが踊らない】って狙った通り。ずっと僕の作ったボードを乗ってきた経験から、瞬時に今までのボードとの違いを感じ取っていた。でもさっきも書いた通り、これは普通のi-FlexCoreじゃないんだ(笑)

 

こんななの。
スクリーンショット 2015-03-24 9.17.44

 

ついでにごめん。ルーキープロ町君のボードにも勝手に入れた(笑)

写真 2015-02-14 13 12 05

 

 

ストリンガーをV字に2本セットした。イメージは【立体感のある骨格】。固く、柔らかく、しなやかなフレックス。

正しい姿勢から生まれるノーズの引きつけ、ターン時のボードのしなる軸、固すぎず腰砕けにならない「抜けのよい」レールエンドのフレックス。

 

騙したわけではなく、僕はライダーとこうしたタイマン(って死語だよね)を続けていきたいと思っています。それが出来ないのはライダーの役割としては不十分。
そして何一つ新しい材料を使った訳ではないこの変化。ボディボードの進化は常に「アイデア」と「挑戦」の試行錯誤から生まれてると思っている。

 

そして今回この変化を生み出した池田雄一プロ、本当にいつもありがとう!

 

このV字ストリンガーセッティング。この春から皆様にも試していただけたら嬉しいと思います。通常のストリンガー2本のオプションです。V字の角度具合によってセッティングが変わるので、ユーザー様の環境やお好みを考慮して作らせていただきます。お気軽にご質問くださいね!

Comments : 0

小波コンセプト徹底解剖!

3月31日までの日程で開催れているオーダーフェア。その中での目玉商品は何と言っても小波”Konami”コンセプト。

今回のフェアでは小波ベーシックを55,000円で、小波スペシャルライトフォームタイプを69,000円、同じくスペシャルのi-FlexCoreタイプを71,000円で提供中だ。(詳細はBODYBOARDSページ参照)

ここで今一度今回の目玉モデル「小波コンセプト」ボードについて徹底解剖してみようと思う。

ボードメイン画像

小波コンセプトは読んで字のごとく小波を楽しむために開発されたコンセプトモデルだ。
実際腰サイズくらいまでの使用を想定していて、そうした力のない波でもよく走り楽しめることが、「カスタムボードで笑顔を作り出す」というロックウェイブのシェイプポリシーにはとてもマッチしていると思っている。

今までお話してきた数多くのボディボーダーが問題と感じていた「小さくてダルい波が苦手」という現状。せっかくのお休みに波は楽しめるサイズで迎えてくれるとは限らないわけなので、ならばボードの作り手であるシェイパーがその問題に精一杯取り組もう!ということである。

では力のない小波用ボディボードには何が必要なのだろう??この機会に改めて一緒に考えてみてほしい。

その1.【浮力】
テイクオフを助けてくれる浮力を考える際に、逆の大波に必要な要素も考えてみよう。波が大きく掘れて力があれば、テイクオフよりもテイクオフしてからのレールワークが大切になってくる(=テイクオフはできちゃうので軽視され、レールが抜けないことが求められる)わけなので、テールはバットテールからアーチテールになっていくだろうし、ボードも薄くなってテール幅も細くなるだろう。言い換えれば、波に力があるときにはその(アーチテール、薄い、細い)浮力の組み合わせが必要になってくるといえる。

小波となればその逆なわけだ。テールはバットテールやストレートテール、厚みもほしいしテールの幅もほしい。そうすれば体重を支える浮力が増えて、波からの力が小さくてもより楽にテイクオフしてくれる。大波に比べてスピードも出ないからレールが抜ける抜けないよりもテイクオフできるできないが重要視されわけだ。

あとでまとめ上げるので浮力はざっとこのへんで次に行こう!

その2.【アウトライン】
さっきの浮力で話したことと重複する部分もあるが、テールの幅が必要になってくる。これも浮力確保のため。

その3.【厚み】
厚みもほしい!なぜなら浮力が。。。

とにかく浮力がほしいのだ!(笑)

しかし!

浮力があればいいというものではない。それだけで良ければ今すぐお店に駆け込んで【一番でかいボードください!】で事足りる。そんな解決が出来るなら小波コンセプトなんて作らないわけだ。他のボードブランドに負けない自信があるから大々的にプッシュしているのである!

「浮力があればいい」というのは言い変えれば「テイクオフさえできればいい」ということ。でもそれが本当に楽しく満足なのだろうか?もちろん始めたばかりの方や夏のビーチで遊ぶ子どもたちであれば、その一日で何本乗れたかという浮力だけあれば解決できるかもしれない満足でも十分かもしれない。でもある程度波乗りの楽しさを経験している皆様が求めているものはそれだけじゃないはずだ。

小波でもスピードを出してスピンをしたい!
小波でもエルロロに挑戦したい!
小波でもしっかりターンを学びたい!


そうした要求に応じるための小波コンセプトなので、浮力は浮力でも【浮力のバランス】に最大限こだわって設計した。長くなるので一言で言ってしまうと、【小さな波でも楽にテイクオフして、スピードを出して、ダルい操作性じゃなくてターンもできてスピンやエルロロなどアクションを楽しめる!】ということ。素晴らしいでしょ?

ではその夢を支える一つ一つの要素を見ていこう。

P1030418

まずはテール形状。
両サイドのレールよりもボード中心が長くなっている。これはテイクオフに必要な浮力を持たせることと同時に、この飛び出たテールがボード左右の中心軸になり、短いレールを差し込みやすくなっている。焼き鳥の【串】を持ってくるくる回す感じ(それがターン)といえばわかりやすいかもしれない。浮力と同時にバランスも考慮されたデザインなのだ。


P1030411

続いてコンツァードデッキ。
コンツァードデッキとはボードの部位により厚みを変えてあり、【層】になっているデッキデザインのこと。ボード中央は厚みがあるので浮力が確保でき、レール付近は薄くなっていて全体が平坦で厚みのあるボードに比べ、いい意味でバランスがシビアにできているので、操作性がだるくならずレールが入りやすいといういいとこ取り。そして小波コンセプトではこのコンツァードをテールよりのみ厚くデザインした。ボードの前後浮力バランスというあまり聞き慣れない要素にも取り組んでいる。テールを簡単に持ち上げてくれて、ノーズが押しやすい。


12831257935_bd659dd6e6_h

水を逃がすノーズロッカーのシングルコンケイブ
小波でのテイクオフでは、弱い力をボードのボトムに上手に受けるためにノーズを押しボートと波の角度を合わせることが重要だ。しかし押してくれる力が弱いので、テイクオフでのスピードが出ない。よってノーズ付近でボトムに流れ切らない水が逆流してテイクオフを邪魔することがよくある。言い換えると「ノーズを押しすぎてしまう」ということだ。
その邪魔な水の流れをこのシングルコンケイブが吸い込みテールへ流していく。この部分に流れが集中することで、発生する揚力(飛行機が飛ぶときの力)がより強くなり、早く速いテイクオフを助けてくれる。

その3つの要素が小波コンセプトを織りなす最低要素。今回特別価格55,000円(税込)で販売しているベーシックモデルの内容だ。そしてスペシャルモデルにはこのベース要素に加えてライディング姿勢のみならず、ドルフィン時のグリップも支えてくれるシステムデッキグリップ、ターンで指先が引っかかるノーズバブル、テイクオフが早くオンショアなど荒れたフェイスでもボードが安定してスピードが伸びるビックダブルコンケイブを採用。そしてスペシャルモデルにはフレックスにも考慮しタイプをi-FlexCore(税込71,000円)とライトフォーム(税込69,000円)に分けた。ご自分の環境の水温や、使用する季節、スピードとターンどちらを重視するかなどお好みでチョイスしてほしい。

このチョイスなのだが、ボードを複数使うことはまだ慣れていない方が多い。でも海で波を見て、今日の波では自分の持ってきたどちらのボードが合うのかを考える時間は、ボディボーディングを楽しみ上達していく過程でとても大切なことだ。なぜならボディボーディングは「波との対話」。そしてボードを選ぶとき、あなたはすでに波と対話を始めているのだ。こうした「ボードを選ぶ」「乗る波を選ぶ」「リップに向かう」など自分が意識的に判断し行動したことには波が答えを返してくる。

「今日はそのボードバッチリだよ!」かもしれないし、「今日はもう一本のほうが良かったよ」かもしれない。
「今のタイミング遅すぎたでしょ!」「今のリップじゃエルロロ出来ないよ?」だったり「今のスピンの場所最高だったね!」だったり。

これら波との対話がなければ自分の波乗りに大きな変化はない。なぜなら波は同じ形がなく、自分の思い通りにならないという波乗りの大原則があるからだ。

最後にさらに大切な脱線をするが、今回のネーミングでは【コンセプト】というのが何より大切だ。ロックウェイブのカスタムボードはユーザー様に必要な要素を最大限取り込んで作られる。ゆえの定形のモデルというものは存在しない。Hiroka SetやU-1 Setなどのオーダーフェア限定ボードも、あくまで本人たちが気に入っているオプションの組み合わせを「Set」と示しただけであり、アウトラインや浮力のボリューム、テールデザインやi-FlexCoreのフレックス調整に至るまで、実際に乗られるユーザー様に徹底的に合わせていく。要は「Set」も「コンセプト」もあくまで【方向性】ということである。

なぜモデルを作らないのか。

それはボードを作るときが一番自分の波乗りを見返し、目標を考えるときであるから。モデルを選ぶよりもっともっと一緒に考えて飛び切りの笑顔を生み出せるボードを作り出したいのである。さらに、

ロックウェイブ春のオーダーフェアは3月31日まで!全国のディーラー様にはすでにチラシが配布され、最新のカラーサンプルも到着しているので、ディーラーページよりお近くのショップを探して是非足を運んでほしい。ディーラーページのMAPをクリックすると地図が表示されます。スマホからだとGoogleMapが立ち上がってナビにもなりますよ!

近くにショップがない!とかでも心配無用!FAQページのアクセスフォームからお気軽にお問い合わせください。

今年はこの小波コンセプトと共に、最高の思い出を作っていきましょう!

Comments : 0