三輪浩加プロのライディング講座「スピン〜エルロロ」編

先日書いたブログ「え?スピンしないと上手になるの?」があまりに好評でビックリしました。写真やビデオは毎日のように見られるけど、解説が足りないから分からないことだらけなんですよね。

>>「え?スピンしないと上手になるの?」を読む

そして先日の仙台でお世話になった金子さんから映像が届く。「いや〜岩波さんのブログに感化されて(笑)」って。。ならば使わせていただくしかないじゃーないですか。

小波で良いライディングしている映像をとことん解説していきたいと思います。
解説動画はこのブログ最下部に貼ってありますので、是非ブログを読んでからご覧くださいね。

 

前回スピンしないと上手になるよ!とお話しした本意はというと

『レールワークを覚えなきゃ良いスピンもエルロロも何も出来ないのに、テイクオフの後すぐにスピンなんか練習始めちゃって、ただ回るだけのスピンに満足しちゃって、その先の上達の芽がなくなっちゃってる人が多いから、じゃーそんなならスピンなんかやめてターンだけしてたほうがよっぽどマシだよね!』ってことなんだけど長いね!!(笑)

だから、スピンをしたらいけないってことでも、エルロロだけやればいいってことでも、振り子のターンしかターンじゃないってことでもないんですよ。まずここまでいいですか??

仙台から送られてきたのは三輪浩加プロの腿サイズでの

テイクオフ〜スピン〜エルロロ〜エルロロ

というライディング。ね?スピンしていいでしょ??
でもどんなスピンならOK?エルロロとの関係は??

そこをとことんやってみましょう!

 

【その1  テイクオフをします】

テイクオフ編なんてのはまたの機会にするとして、ここで見てほしいのは

・テイクオフで三輪プロが見てる目線
・あらかじめレールが入ったボードの向き

です。なんとなくは進まないので長くなります(笑)
スクリーンショット 2015-05-21 17.41.47

 

【その2 ターンはしっかりと!】

みんなこのターンが出来ないんです。もういきなりできないの!この2枚目にいくまでにスピン始めちゃうからね。。このターンしないテイクオフならしない方がいいかもしれませんって言うほど大切なターンです。

・三輪プロの目線はどこかな?⇒スピンの位置を確認しています
・姿勢はどう?自分の乗り込みと比べてみて!

スクリーンショット 2015-05-21 17.42.06

 

【その3 ノーズが波側に向いてから乗り込む】

その2の写真で波と平行な向きまでターンをしていました。もうちょい!
ノーズが波に向いた(波と平行を超えた)瞬間に乗り込みましょう!

・乗り込み時の姿勢、膝までボードに乗り込んでいます。
・目線は?⇒やっぱり波を良く見ていますね!

スクリーンショット 2015-05-21 17.42.25

【 その4 回転姿勢と目線 】

回転は「スピード+ターン+乗り込み」で始まります。3つの要素のどれかが足りないと回転が遅くなったり、途中で止まったりします。三輪プロはもちろんすべて足りているので回転していますが、やはり大切なのは姿勢と目線です。

ボードの中央に重心があり、目線は出来る限り先の波を見ています。この後のライディングを常にイメージしているのですね。

スクリーンショット 2015-05-21 17.42.50

 

【その5 足は回りきってから戻す 】

ここまで回転したら足を下ろします。その4の写真くらいで足を戻して、スピン後半を戻した足を支点に回転する方も多く見られますが、これは良くないですよ。なぜならスピンしながらも、ボードは波を滑っているのに足をつけることで一気に失速することになります。この失速=回転になりますが、回転し終わった次からが変わってきてしまいます。

スクリーンショット 2015-05-21 17.43.30

 

【その6 回転終わればレールを入れる】

スピン回転のきっかけ作りのためにレールを入れてターンし、スピン回転のためにレールを抜きました。なのでスピンが終わればすぐにレールを入れましょう。そして次の目標に向かっていきます。目線をみてください。完全に【何か】を見ていますね(笑)

スクリーンショット 2015-05-21 17.43.40

 

【その7 リップになりそうなリップに向かってターン】

エルロロが後少しなのに出来ない方で多いのは、【リップに当てるタイミングが遅い】場合が多いです。

 

「あ!リップだ!エルロロだ!!」

 

なんてまさかそんな。。しかもまだボトムにいて?

これかなり遅いです!

 

自分が居る場所からリップにいくまでにも時間がかかります。波は止まりませんので、その間もどんどん育ちます。なので【リップになりそう?】という場所に向かってターンしていきます。目線、、、もう分かりますね!

スクリーンショット 2015-05-21 17.43.54

 

【その8 リップに上っていくライディング姿勢】

テイクオフからおりていくイメージは持っていても、波のリップに上っていくイメージが持ててない方多いのではないでしょうか。

角度のある波に上ってその上で回転しよう!それがエルロロ。

上る姿勢がターンと同じ姿勢のわけありませんよね。写真のように胸を反らせて【波の面に沿うようにライディングを続けていく】んです。

ここで頭が下がって肩に力が入ったままの姿勢だとかなりスプレーを出して失速してしまうので注意しましょう!

スクリーンショット 2015-05-21 17.44.06

 

【その9 リップに当たる時までライディング姿勢です!】

「あ!リップだ!」
「だめだ間に合わない!!」

『えいや!』←腕伸ばしてボードだけ差し出すかけ声

 

よーく見ます(笑)

 

腕は伸ばしたら【ダメ】です。だってね、

 

腕だけ伸ばす=体の位置は低い=エルロロ回転する時間がない

腕を伸ばす=リップに当たる力は腕先だけで吸収される=飛びだせない

からです。本当にダメです。三輪プロは基本姿勢のまま当てているので、ボードと垂直になっている肘から肩の骨を伝わって波の力が体を飛ばしてくれます。

分かりやすく言うと

ハイタッチを頭の上高い位置でやると、手先だけ「パチーン」ってなるでしょ?体には衝撃こないんですよ吸収しちゃうから。

写真 2015-05-21 20 50 19

 

エルロロも同じなんです。だから基本姿勢のまま当てにいきましょう。その分早めにターンが必要ですよ!

スクリーンショット 2015-05-21 17.44.22

 

【その10 ボードは波の上で回す】

これが出来ると最高です。水って重いんですよ。1メートル四方で1トンもある。バケツの水だけでも重いでしょ?エルロロでボードに水かぶっていたら回る訳ないんです。だから出来るだけタイミングよくリップに当てたい。水がかぶってないのが最高!こういう目線でこれからリップに当ててる写真とか見てみてくださいね!

スクリーンショット 2015-05-21 17.44.33

 

【その11 パワーゾーンを意識せよ】

パワーゾーンとは、乗れる範囲で一番力のある場所のこと。力がある=角度が急っていうのが分かりやすいでしょうか。この画像の瞬間ですが、先にフェイスが出来ていないので、ほんのちょっとレールを切り返してカットバックするんです。見逃しそうなターンなのですが、このレールワークは次のアクションを生み出します。

・先に先に〜って走っても何もないことが多いです

スクリーンショット 2015-05-21 17.44.55

 

 

【その12 リップを意識してベストなタイミングを目指す】

見てますねーリップ!

スクリーンショット 2015-05-21 17.45.24
リップしか頭にはないような。でもこれ正しいんです。

前回のブログ「え?スピンしないと上手くなるの?」では【スピンしたらターン練習しなくなるからスピンしなくて良いよ】っていうお話でした。

まだはっきりしない方も多いと思うんですが、一例として極端にお話しするとね。

 

エルロロが一番大事。エルロロしなくちゃいけないから、波が崩れる瞬間は必ずリップに到着していなくちゃいけないからね。少しでもいいタイミングでリップにいけるようにずっと考えていたいから。

スピンなんかよほど暇な時しか出来ないの。。。

 

そういうお話。「私の目標のスピンがそんな酷い扱われ方されて。。」って思うかもしれないけど、コンテスト出ている人なんかそろそろ気づいてほしいんです。

必死にスピンを4回しても3点とかってよくあるのに、テイクオフから大きなターンで加速して、ドンピシャのタイミングで特大エルロロ1発で10点満点!とかもあるんです。スピンどんなに良くても1回転して10点はないでしょうね。

すでにジャッジング(採点)でもリッピングに比重があるのは当然の話。

 

波乗り=波の動きに合わせてボードで走る

 

なのだけど、この「合わせて」ってつまりはパワーゾーンキープの意味。スピンって言う自分の欲を優先させて、リッピングのチャンス逃していたら良い波乗りにならないこと。

スピンをやるなっていうじゃなくて、『波乗り』を大切にしながらスピンも練習してほしいんですよ。

 

【その13 ライディングを仕上げる】

 

スクリーンショット 2015-05-21 17.45.47

スクリーンショット 2015-05-21 17.46.00

 

いいタイミングです。このタイミングのためにカットバックしてパワーゾーンをキープして、フェイス作って、レールセットして、リップへのターンして。その『下準備』が出来ているからこうして良いエルロロが決まるんですよね。

 

このブログもまとめましょう!

 

・波は常に動きます。しっかり見続けて後手後手にならないように。
・エルロロのタイミングを学ぶとターンが出来るようになります。
・当分エルロロがないな。。そこがスピンのタイミングです!
・パワーゾーン、レールワークの下準備があるからエルロロは回ります!(スピンもね!)

 

そうするとこのようにやり遂げた表情で1本の波を乗り終えることができます(笑)

 

スクリーンショット 2015-05-21 17.46.35

 

いかがでしたか?長くて読むの大変だったと思いますが、たまにはこうしたとことん解説もいいかと思っています。お付き合いいただきありがとうございました。少しでもお役に立てば幸いです!

 

撮影してくださいました仙台の金子様、ありがとうございました。
一緒に入ってくれた仙台のみんなにも、ありがとう〜!!

——–PR———-
この素晴らしいライディングを間近でみてアドバイスをもらえる、三輪浩加プロのスクールを受けてみませんか?多くの方がライディングを大きく変化させています。
お申し込みは彼女のオフィシャルサイトからどうぞ!

>> http://hirokamiwa.com
———————

では肝心の動画です!
何度でもこのブログと行ったり来たりしてご覧くださいね!

 

Comments : 0