池田雄一プロのライディング講座『初めてのエルロロ』編

連日ブログが大盛況です!ありがとうございます!!

え?どのブログだって??
大盛況のブログは次の2投稿。まだ見ていない方は今すぐチェックしてくださいね!

>> 5/19日『え?スピンしないと上手になるの?』
>> 5/21日『三輪浩加プロのライディング講座「スピン〜エルロロ」編』

 

実はこのHOWTOシリーズは以前からやろうと思っていたんですよね。。この手の情報が絶対に足りていないのは分かっていたので。撮影までしていたり(笑)

たくさんの皆さんに活用していただきたいので、この機会に動画とブログで解説セットをもう一つ作ってみました。

 

ということでこの方に今日は登場していただきます!

池田雄一プロ from 宮崎 ニューウェーブでーす!

なんだか表情が冴えませんが大丈夫ですか?(笑)どうぞよろしくお願いします!

スクリーンショット 2015-05-23 17.11.43

 

スピンは見よう見まねでやっている人を多く見るのですが、エルロロって何から取組んでいいのか分からない方とても多いはず。だってやっている人あまり見ないし、『スピン出来た!』でその先諦めかけてる人も多いんじゃないかな。

 

今日はエルロロの最初歩。そう。初めてのエルロロを目指します!

対象者は


・エルロロこれからトライしたい!人

・エルロロまぐれで出来たことあるんだけど、それっきり出来なくて。。の人
・一応取組んでるんだけど、巻かれてばっかりでまだ出来ない。。の人

 

そんな方に焦点を絞って進めていこうと思います。でも皆さんに役に立つ情報なので一応読んでみてください(笑)

 

では参ります〜!

 

【その1 プルアウトをマスターする!】

プルアウトとは、波がブレイクするまえに波の裏側に降りるテクニックのこと。長く乗りたいんだけど波がなくなっちゃって波の裏側におろされちゃう(波においてかれる)時ってありますよね?あれを意識的にやるってこと。どうやるかというと??

ターンを続けるだけ!なんです。

 

この写真を見ればわかりますよね!今まさにテイクオフからターンをいるところですね。

このボードの向きくらいでターンをやめてしまう方がものすごく多いので声を大にして言いたいのですが

 

テイクオフからここまでは、降りてるだけの「簡単ターン」、ここからがリップに上っていく『必要ターン!』
『必要ターン』をマスターすることでスピンもエルロロも超変化しますよ!!!

 

ということで、この姿勢のまま見ているリップに向けて『必要ターン』をし続けてください。

スクリーンショット 2015-05-23 17.21.10

 

この時実際にはこんな景色が見えていますが、、、

いつもこの瞬間に、なんとなく右の山の方とか見ちゃってませんか???

ダメです!!!!!(キッパリ)

矢印の先端を見ていきましょう。するとこのグーフィーの場合だと左側の肘に体重が乗り続けます。そしてターンが続いて赤い進路の通り波を上っていきます。

スクリーンショット 2015-05-23 17.28.33

すると波から降りれてプルアウト成功〜!!!これが早めな段階でのプルアウトです。

 

ここまでいいでしょうか?次に参りますよ〜!

 

【その2 プルアウトをどんどん遅らせていく】

安全なプルアウトからスタートしますが、どんどんプルアウトのタイミングを遅らせていきましょう!

プルアウトを遅らせてるってことは、掘れた状態の波でプルアウトしていくってことです。
すると、丸くなだらかだった波の最上部が薄くとんがってきます。ショルダーという部位からリップに成長していくからですね。
「そろそろか?おおお〜〜〜!!!   ふぅ〜セーフ!」

なんて徐々にトライ(たまに遅れて巻かれちゃうけど)していくと、どんどんターンが出来るようになるとともに、自分が居る場所からリップへいくまでの時間が分かるようになってきます。これが分かってこないとタイミングの合わせようがないんです。
『おおおっ!!  うわ!あっぶね〜〜〜〜〜!!!』

なんてなってるときには、立派にリッピングしかけています。だってこのときボードのボトムに波のリップが当たっているわけですからね。写真をシークエンスでご覧ください。

ビューン!

スクリーンショット 2015-05-23 17.12.36

まだまだ〜!

スクリーンショット 2015-05-23 17.12.47

おおおっ!

スクリーンショット 2015-05-23 17.12.57

 

やばっ!!

スクリーンショット 2015-05-23 17.13.20

『あっぶねー!!』っていう感じ。

スクリーンショット 2015-05-23 17.13.43
ね!リッピングになってきてるでしょう??

話それますが、この状態でトップターン(ビーチに向けてリップでターン)するとローラーコースターになりますよ!

 

ここまできたらエルロロの下準備が出来たことになります。

 

【その3 回転動作を覚えていく】 

さっきまではターンを続けて波の裏側へ降りていましたが、ここから思い切って回転していきましょう。
でもここでもいいますが、何より重要なのは回転ではなくてリップに当たっているということですからね!回転と言い始めると途端にどこのリップにも当たってないのに、ただその場で勝手に回って『エルロロ出来た!』風な顔してる方が居ますけど、それちょっと違いますから!!エルロロはリッピング=リップに当たっていなきゃダメです!

最初の回転はきっと全然上手くいかないと思いますが気になさらず!この行程は少し数をこなして体が覚えなきゃダメです。陸トレでも効果ありますよ!壁沿い歩きながらのイメージや、壁にボード当てて回転する練習で『頭(景色)がぐるり』と回る感覚に慣れると良いでしょう。

 

回転動作を覚える間は力まず、その2で練習したリップとのタイミング合わせをよりギリギリにしていくイメージ。

上っていく『必要ターン』の姿勢、リップに当てた時に見える景色、肘に受けるリップの感触。

そうしたものを感じながら何度でも練習しましょう。

チェック項目としては

・当てる時にリップまだ見えてたら ⇒ まだリップに到達できていないです。ターンが遅い。
・『エルロロだ!』の瞬間から最後までずっと息が吸えず暗闇だったら ⇒ かなり自分の位置が低くて、リップに全く当たっていない可能性も。。
・景色は見えるけど、すぐ波の裏にポチャンと落ちる。。 ⇒ リップに当てるタイミングが早すぎます。もっと掘れたリップに向かいましょう。

 

そして今一度確認しますが、前回の『三輪浩加プロのスピン〜エルロロ』編で書きましたが、リップに当てる際に自分がリップに上らず腕だけ伸ばし、ボードだけリップに当ててる人がいますが、これは腕先でリップの力を吸収してしまい回転に繫がらないので何にも意味ないですからね!この画像思い出してください。(手書きで下手だけど言いたい事は分かると思います(笑))

写真 2015-05-21 20 50 19

 

大事なのは腰、肘でリップに当てて行くこと!腕だけ伸ばさなければならない状況ならそれは『ターンが遅れて間に合っていない』という事です。
さぁラストです!

 

【その4 えいっ!と力を入れる】

 

『リップリップリップどこだー??』

『あ、あそこか?ターンはまだか?』

『そろそろだ!せーのー!』

 

『ほい!』

 

ここまで力を入れるなと言ってきましたが、この撮影日に分かった事がありました。

 

「初心者の方はエルロロするのに背筋使って回転なんか出来ないんだから、身体能力を使ったエルロロじゃなくてリラックスしたままのエルロロを撮ろう!」

 

そんな話しの中で撮影をスタートしたのですが、トッププロの池田雄一が苦戦してるのがカメラのファインダーを通じてよく分かりました。そして案の定ビーチに上がってきます。

 

『すんません。。エルロロ出来ないです。。。』

 

まさかの事態。トッププロがリラックスしたままではエルロロが出来なかった!!!そしてそのあとオンボードカメラ(ライダー目線)の撮影で入った際に、池田プロと同様の感想を持ちました。そして帰りの車の中。

 

『エルロロは当てる時だけ えいっ! って力入れないと、リップの力を回転に出来ないね。』

 

という話しで意見が一致しました。なので、当てる瞬間だけは『えいっ!』って力を入れてください。半分しか回転しないで巻かれちゃっていた人は、ずっと力んでいたかもしれませんがそれもよくありません。肝心なのは『当てる瞬間』です!

 

当てる場所はしっかりみえているターン姿勢から『せ〜〜〜 の〜〜〜〜〜〜』の図
スクリーンショット 2015-05-23 17.40.15

 

この時の景色はこんな。
☆印が『えいっ!』のタイミングになります。

スクリーンショット 2015-05-24 11.26.41

 

まとめます!

 

・プルアウトをしっかりやろう!
・徐々にプルアウトのタイミングを遅らせて行こう!
・ギリギリのプルアウトが出来たら下準備完成!
・回転はまず力まずタイミングをよりシビアにあわせる感じで体に覚え込ませよう!
・最後の成功のカギはリップに当てる瞬間の『えいっ!』

これでエルロロが出来ます。

 

しかし!!!

 

これで出来るエルロロはトッププロがやっている『ビューン(ターン)』『バコーン!(当て込む)』『ドスーン(着水)』なんてエルロロではありません。こんなのじゃーないってことね!!
スクリーンショット 2015-05-23 17.07.03

今ブログを読んでいる方は

『つととと(ターン)』
『バチャッ(えいっ!)』
『バウンバウン(スープにもまれる)』
『プハー!(やっと出られた!)』

 

というエルロロの再初歩です。でもこれが最初に目指すエルロロで問題ありません!

 

テイクオフが上達して、レールが入るようになればスピードが上がります。
ターンが上達すればリップに向かうスピードも上がります。そこではじめて『バコーン!』という当て込みが出来るのです。

 

『グリン』と回って『モゾモゾ』っとスープから出てくる最初のエルロロを目指して頑張りましょう!

 

それではお待たせしました!
解説動画、何度でも出来るようになるまでご覧下さいね!

 

————-PR————————
ロックウェイブではLINE@を通じて皆様のライディングやボードのお悩み相談をお受けしております。
もちろん費用は掛かりません。無料で質問が出来ますので興味のある悩み多きボディボーダーの方はご参加下さい。
友だち追加数
—————————————-

 

 

先日リリースしました三輪浩加プロの『スピン〜エルロロ編』、ご覧になられていない方が今したら是非どうぞ!

 

今日もブログをご覧頂きありがとうございました!また機会があれば作ってみます^^/

Comments : 0