スピン&エルロロ 原因と結果の法則。取り組むメリットとは?

連日ファクトリーにこもりながら粉だらけの毎日。
こういう時って仕事に集中していても、頭の中ではもう一人の自分がもう一つの考え事をしている。

『このボードをどう乗って欲しいか』  という思考。

いま7本のボードの作業を進めているけど、1つの作業毎に全てのオーダーシートを見るのね。 そのオーダーシートには

・スピン練習中!
・もうこの年になるとスピンとかしない(できない)のでターンを、、、
・ライディングはメンタルが重要なので信頼出来るボードが欲しい。

・南国のリーフポイントでしっかりしたテイクオフからエルロロを。

そんなお客様の熱い要望がびっしり書いてある。(なかには『おまかせ!』で埋められているものもあるけど(笑))

1日に数回、3日で数十回。そのロッドが作り終わるまでに100回以上繰り返されるこの確認作業。 こんな事を言うと不安がられるかもしれないけど、もともとボードを作りたいからシェイパーになった訳なのだけど、今は必ずしもそうは思っていないんだ。作りたいものは『安心』だったり『理解』だったり、何よりも一番は『お客様の変化=笑顔』なんです。その為の手段としてボードを作ってる。

なぜお客さまは2万円、4万円の市販ボードではなく、6万円、8万円の僕のカスタムを注文してくれたのか?
数ある他のカスタムブランドじゃなくて、ちょっとマイナー(だよね?)なロックウェイブを選んでくれたのか。

それって求めている『変化』という役割を僕に担って欲しいということ。その信頼出来るパートナーとして僕を選んでくれてるってことだよね。だからこの思考は当然の役割だと思っている。

なので

『お客様の求めるものが最高のボードです!』

そんなのダメ。50点。 

 だって『私にはどんなボードがいいですか?』って僕のところ来るんだからね。そのままじゃ足りないよね(笑)。
僕はボードで変わる事、ボードだけでは変わらない事を知ってる。

今日は繰り返しになるけどまたあえて伝えて行こうと思いますのでお付き合い下さい。

日本人ってやっぱりとても真面目な人種で、秩序と常識を重んじる傾向が強いよね。そんな日本人が好きでもあるけど、ボディボードライフアドバイザー岩波重之としてはちょっと物足りなく感じる事も多々あります。

バリにいるとオーストラリアからのサーファーが朝食の時間からビール飲みながらプールで騒いでて、そのビールが水の中に入っちゃってもそのまま気付かず飲んで笑ってたりするのを見る。日本人だとあまりそう言う人いないでしょ?(笑)

そして次に会うのが海の中だったりするのだけど、やっぱり凄いサーフィンするんですよ!遊び心がサーフィンを進化させちゃう感じ。

何の話しなのか分からなくならないように伝えるけど、今日お伝えしたいと思うのは『変化の方法を知る!』っていうことです。

さっきの秩序と常識に戻るけど、言いたいのは『教本通り』に取り組みすぎちゃってない?ってこと。

P2 目次
P3 道具について知ろう!
P4 基本姿勢
P5 ビーティング(バタ足)
P6 テイクオフ
P7 ボトムターン
P8 フォワードスピン
P9 リバーススピン

P10 エルロロ・・・

なんて書いてあると、その通りにやっちゃう。

いやいや。順序を守るのはまだいいよ。だって必要に応じて順序が決まってたりするんだからね。でも、

『ひとつひとつが実際に区切られている訳じゃない』というのが注意点! ってことが教本には書いていないんだ。だから上手く行かない。

え?ちょっと分かりにくい??

もう一度言うよ。

波選び〜テイクオフ〜レール入れる〜ボトムターン〜スピン〜ターン〜エルロロ

という『1本のライディング』は全て一連の動作であり、テイクオフが終わってからボトムターンがくる訳じゃないってこと。

さらにね。

その『1本のライディング』って言うのは テイクオフ〜レールワーク という基本の上に成り立っているという事。

ここまで言っておいて振り出しに戻っちゃうように感じるかもしれないけど、今日お伝えしたいのは『出来ない事もとにかくやってみる!』です。

 

あなた『なになに?基本が大事なの?それとも何でもいいからやるの?よく分からないな。。』

岩波『どっちも大切なんだよ。とにかく「何をやればいいのか分からない」っていうのが一番の問題なんだよ。』

あなた『あぁ、、それ私もよく思う事なんですけど、どういう時になってしまうんだろう。。』

岩波『それはね、日常のサーフで変化を生む為の「練習の工夫」が分からないから起こるんだよ。』

あなた『工夫?そんなこと考えてやってないですね。とにかくスピンを回ろうと頑張っていますが。』

岩波『で、回れなくて僕のところにアドバイスを求めてるんでしょ??(笑)』

あなた『そうなんです。。やっぱり何にどう取り組めばいいのかよく分かってないのかも。。教えてください。』

岩波『それはね、「原因と結果の法則」を考える事なんだよ。』

あなた『「原因と結果の法則」?何だかいきなり難しくなって来た。。。><』

岩波『簡単だよ。説明しますね!』

 

テイクオフ、ボトムターン、スピン。成功しないままになっている人、そこには『原因と結果の法則』が足りないのかもしれない。

結果(スピンやエルロロ)は原因(スピードやレールワーク)から生まれる

スピンが失敗した(という結果)⇒スピードが足りない、キッカケのターンがない、乗り込みが足りない(という原因)

エルロロができない(という結果)⇒スピードが足りない、レールが入っていない、ターンができていない(という原因) があるんだ。

じゃぁどうすればいいの??

大きな波を選んで、しっかりレールを入れる、乗り込んで足を引きずらないようにしっかり乗り込みをする(という原因)があると、結果としてスピードが出る。ただ「スピードだけ出そう!」と考えても出るものじゃない。

サイズのある波でスピードを出して、失速なくターンし、リップに当て込む(という原因)があるから、結果としてエルロロが成功する

エルロロ(結果)ができないならその原因に取り組まなければならない。

スピードが出ていて、ターンをした遠心力と乗り込んで重心を集める動作(という原因)があるから、結果としてスピンが回る。スピン(結果)ができないならその原因に取り組まなければならない。

まとめますね。

・結果だけを求めない事。
・結果には原因があると考える事。
・基本はレールだけ使ったライディングにあるという事。
・スピードはスピンにもエルロロにも必要な要素。

・全ては波に合わせる必要があるので、波の変化を感じ続ける事。

ページをめくるような(項目で区切るような)練習はもうやめて、トライしていることに必要な原因をいろいろ試せるように最初の1歩を踏み出してみませんか?

ロックウェイブシェイパー

岩波重之

追記:だからスピンはしない!とか決めすぎる必要もありません。いろいろやると基本も変化しますから。

そして、その原因の克服にはやっぱりスクールが有効です。 ロックウェイブのライダーは全てスクールを開催していますので、お近くの方はこの機会に夏の取り組みをはっきりさせてみるのがオススメですよ!

<スクール申込>

三輪浩加プロ(湘南) http://hirokamiwa.com
池田雄一プロ(宮崎) http://newwave-jp.net
後藤朝子プロ(仙台) http://www.mattys-surf.com
的本明プロ(宮崎)  http://profile.ameba.jp/kira-mato
Comments : 0

マギーさんCMでボディボードと共演!

6月9日。そう、今日は69(ロックウェイブ)の日です(笑)

そんな日に合わせてではないのですが、今大人気のマギーさん、石田純一さん出演のシュープラザ&東京靴流通センターさまのCMが本日より公開になりました。そして!そのCMにて弊社のカスタムボードを使って頂きました〜!

CM監督の先輩より『岩波君ボード貸してくれない?』とお話し頂いたのは5月中旬。CMのイメージを確認し話し合って決めたカラーがこの純白のボードです。

10419435_836174333086593_1023926897732623631_n

 

 

ブログご覧の皆さん。ボディボードってやってみた事ありますか??

ボディボードは海水浴場でもできる、本当に簡単で誰でも楽しめる遊び。あのビューン!って波を滑る感覚は他にはなかなか体験出来ない爽快感です。そして『波に乗る』ってね、場所やタイミング、波選びとやることがたくさんあって、『もっと良い波を!』って欲がでるほど難しくなるけど、厳しい表情も見せる海から学ぶ事ってとても多くて大切。

だって海に入ってから上がるまで、全て自分の判断だし、どの波を選ぶ?今乗る?次の波に賭ける??って人生そのものだと思うんです。

 

自分の体力、今いる位置、自分にコントロール出来ない海(社会)、どんどんやってくる波(チャンス・リスク)、乗る判断、どう乗るのか。

 

体感してみたい!って思った方は是非湘南海岸までお越し下さい。

弊社ライダーのプロボディボーダー三輪浩加が楽しいボディボードの世界にご案内します(笑)
これ本当に楽しいですからね!是非この夏の遊びの一つに組み込んでみてください。

>>『ボディボード体験してみたい!』という方のレッスンはこちらからお申し込み頂けます。

 

海からもっともっと学んで行きましょう。こんなに身近で思い知らされる経験なかなかできないですから(笑)

 

それでは肝心のCMをお二つどうぞ!

マギーさん、素敵な笑顔をありがとうございました!

 

シュープラザ「何がいい?」篇

東京靴流通センター「靴を贈るなら」篇

Comments : 0